家庭訪問型子育て支援
ホームスタート


ホームスタートジャパン概要

団体概要

団体名 特定非営利活動法人ホームスタート・ジャパン
所在地 〒169-0072東京都新宿区大久保3-10-1 2F MAP (事務局)
TEL 03-5287-5771
FAX 03-5287-5770
設立 2009年12月1日設立

ビジョン

「全ての親が子どもによりよき人生のスタートを提供できるよう、そのために必要な支援を得ることができる社会」の実現をホームスタート・ジャパンは目指しています。

ミッション

家庭訪問型子育て支援であるホームスタート活動の促進を通して、小さな子どもと共にいる親に必要とするサポート・フレンドシップ・その他の役立つ支援を提供し、全ての子どもが可能な限り最良の人生のスタートを切れるように、地域コミュニティでの子どもと家庭の福祉の向上に寄与すること

ヴァリューズ

ホームスタートのスピリットは、フレンドリーで、協力的で、思いやりがあり、人を信じ、人を敬い、批判的ではなく、やさしく寄り添いあうことです。

沿革

2006年
任意団体として「ホームスタート・ジャパン」を設立。 「ホームスタート」活動の国際的な普及を図っている「ホームスタート・インターナショナル」加盟。 講演会・勉強会を全国各地で実施。
2007年
「ホームスタートUK」視察。「ホームスタート・インターナショナル」事務局長を日本に招聘し、講演会を全国各地で実施。
2008年
「ホームスタート」試行事業実施(独立行政法人福祉医療機構特別分助成事業)。 「ホームスタート・オーストラリア」視察。 「ホームスタート・インターナショナル・グローバルカンファレンス」参加。
2009年
日本で初の「ホームスタート・オーガナイザー養成コース」開催(13地域から参加)。 各地で本格的なスキーム立ち上げ開始。特定非営利活動法人(NPO法人)取得。
2010年
HSオーガナイザー養成研修に加えて、既存オーガナイザーのためのスキルアップ研修開催(19団体参加)。 日本子ども虐待防止学会にて分科会発表。調査研究事業実施。
2011年
全国3エリアで、オーガナイザーのためのスキルアップ研修ならびにビジター交流勉強会を開催(25団体126名参加)。 東日本大震災被災地支援のため、東北地方のホームスタート普及に向けてセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとの協働事業開始。 日本子ども虐待防止学会にて分科会主催。さらなる調査研究事業実施。
2012年
「支援活動のネットワーク化と質の向上事業」(独立行政法人福祉医療機構助成事業)の中でエリア別ネットワーク会議開催。全国各地で普及講演会を実施(キリン福祉財団助成事業)。パナソニックNPOサポートファンドにより組織診断事業に着手。「イオン×セーブ・ザ・チルドレン被災地子ども支援ファンド」による岩手・宮城・福島での訪問型子育て支援普及活動開始。全国42地域でのホームスタート実施へ。
2013年
東北・関東・中央・九州エリア別協議会発足、各エリアでオーガナイザー・スキルアップ研修やビジター研修を実施。全国各地で普及講演会を実施(キリン福祉財団助成事業)。パナソニックNPOサポートファンドにより組織基盤強化に着手。福島県にてオーガナイザー養成コース開催。岩手・宮城・福島にて13地域、全国58地域へ。
2014年
オーガナイザー養成コースを東京、大分、岩手、大阪で開催。東北・関東・中央・九州エリア別スキルアップ研修を協議会主催形式で開催。県域の協議会も宮城、山形、福島、埼玉、大分にて発足。 全国各地で普及講演会を実施(キリン福祉財団助成事業)全国76地域へ。復興支援事業として岩手・宮城・福島で18地域へ。ホームスタート・ワールドワイド・グローバルカンファレンス(ノルウェー)にて調査研究結果発表。
2015年
全国83地域へ。被災避難子育て家庭支援を他団体との協働やネットワークを通じて推進(岩手・宮城・福島県)。エリア別、ブロック別スキルアップ研修の実施。活動マニュアルの改訂。産前サポート試行事業の実施と報告会開催。
2016年
全国90地域へ。スキーム総合サポートプランの実施とエリア協議会との協働体制構築。熊本地震被災乳幼児家庭支援のための救援物資と募金集め等、被災地スキームへの支援活動。健やか親子21・健康寿命をのばそう!AWARD 母子保健分野「厚生労働大臣最優秀賞」受賞。
2017年
全国98地域へ。ボランティア2,027人・訪問回数累計のべ47,457回。HS世界会議を東京で開催し、海外20ケ国47名・国内のべ1,019名参加。HS産前産後サポート事業マニュアルの作成。支援活動データベースシステムの向上。組織基盤強化に向けた取り組みへ。

設立趣意書

コチラをご覧ください。

事業内容

  • ホームスタート及びその他家庭訪問型子育て支援に関する調査研究事業
  • ホームスタートに関する情報提供事業
  • 地域スキームの設立及び運営支援事業
  • ホームスタート・インターナショナルや諸外国のホームスタート組織との交流事業

役員

代表理事
西郷 泰之(大正大学人間学部教授)
副代表理事
土谷 修((社福)三重福祉会すがおこども園園長 九州エリア代表)
副代表理事
森田 圭子(NPO法人わこう子育てネットワーク代表理事)
理事
小俣 みどり(NPO法人子育てネットワーク・ピッコロ代表理事)
神代 伸一(団体職員、SVP東京)
笹尾 正乃(関東エリア代表 HS希望の家オーガナイザー)
高城 智圭(京都看護大学准教授)
田中 輝子(一般社団法人日本多胎支援協会事務局長)
沼田 ひさみ(東北エリア代表 HSココネット オーガナイザー)
濱崎 格(中央エリア代表 HSたかつきオーガナイザー)
山田 幸恵(NPO法人ホームスタート・ジャパン事務局長)
渡里 祐子(NPO法人ホームスタート・ジャパン関西事務局)
監事
知久 一仁((有)チキュウマネジメントブレーン)

定款

コチラをご覧ください。

収支報告